Google Maps API for Workの課金

category01

GoogleMapsAPIforWorkは企業が社内用のクローズドシステムに利用する場合はPREMIUM契約が必要ですが、公開されるサービスでの利用の場合は企業、個人問わずSTANDARDプランが利用できます。

STANDARDプランは無料枠が用意されており、気軽に利用出来るとして人気が出ています。



GoogleMapsAPIforWorkでは地図サービスのほか、位置サービス、周辺情報などの各種サービスが用意されていますが、主にスマートフォンでの利用、webでの利用、その他地図データの取得に分けられます。


スマートフォンでのGoogleMapsAPIforWorkはIOS、Androidと分けられてサービスが提供されており、どちらもAPIの利用回数で課金が決められます。それぞれ一日あたり、1000リクエストまでは無料ですが、クレジットカードを登録することで無料枠が15万APIリクエストまで増加されます。

GoogleMapsAPIに関する情報満載です。

GoogleMapsAPIforWorkではweb向けのサービスでも無料枠が用意されていますが、地図の埋め込みは無制限に無料です。


埋め込み以外のサービスについては90日間の連続利用がチェックされ、1日あたり、2万5千回まで無料です。

教えて!goo情報探しに特化した総合サイトです。

90日連続で2万5千回を超えた場合は1000回ごとに0.5ドルが課金となります。

また、地点間の距離を測ったり、周辺情報を取得するなどのサービスについては機種を問わず1日あたり2500回まで無料です。

驚く情報

category02

GoogleMapsAPIforWorkはスマートフォン向けとウェブ版が用意されています。web版は古くからあるサービスなので主にホームページでの利用が多いようですが、ブログやウェブサービスでも利用が進んでいます。...

subpage

予備知識

category02

GoogleMapsAPIforWorkは公開するサービスなら無料で使えるプランも用意されています。一般的な無料サービスと同様にAPIの利用回数に制限がありますが、多くの場合、無料プランで十分なケースが多いです。...

subpage

ビジネスの重要知識

category03

GoogleMapsAPIforWorkはGoogleが提供する地図サービスのビジネス版です。無料サービスと有料プランが用意され、利用するサービスに合わせて選択できます。...

subpage

ビジネス関係の真実

category04

集客の行動を起こすために奔走しなくて済む顧客支援は、Googleの絵図上に企業の詳細情報を反映させることです。実店舗を構えて商売を始めたのであれば、最初に考えるのは顧客を多く呼び込むための画期的な方法です。...

subpage